貸会議室の良さについて

近頃は多くの会社が会議に費やす時間の長さについて、改めて見直しているそうです。だらだらと決まらない議題をいつまでも議論していたり、習慣的に集まってただぼんやりと意見を言い合うだけの会議が、果たして会議といえるだろうか、ということにようやく気付いたのでしょう。その結果、会社の中から会議室を撤収するところも出てきました。その代わりをするのが貸会議室で、会議に必要なものはすべてそろっています。違うと言えば、利用できる日と時間が決められていることです。制限がある状態に持っていくことで、人間は何とかしてこの時間内に決めなければ、という心理が働きます。その結果、これまでなら、いつまで居てもOK、という状況だったのが、制限がある、と思うことでてきぱきと進めようと無意識に働きはじめます。これが貸会議室の良さでしょう。

規模に応じた貸会議室利用という選択について

会社の中には大企業と呼ばれる大きな社屋を持ったところもあれば、オフィスビルの一室を借りて経営しているところもあります。大きな社屋を持った会社なら会議室も一つと言わず、広さの違うものを二つ三つ、作っていることでしょう。けれどもオフィスビルの一室を借りて仕事をしているようなところでは、とてもではありませんが会議室のスペースまで取れないと思います。そんな会社にとって助かるのが、貸会議室の存在です。毎日毎日会議をする必要がないのなら、借りた部屋の中に使わないスペースを取るのはもったいない話です。必要な時や使いたいときだけ使える貸会議室を活用する、という選択をすることでスペースの有効利用ができます。会議をする方も、会議室へ向かうことで、これから会議だ、という気持ちの切り替えができるのではないでしょうか。

人数に応じて貸会議室を利用することについて

会議というのは少人数で行うこともあれば、プロジェクトによっては大人数で行う必要がある場合もあるでしょう。それに応じた会議室を会社の中に用意できればよいですが、普段は使わずに空きっぱなしになっている部屋がいくつもあると、それはそれでもったいないと思えてきます。そのため、会社の近くに貸会議室がないか探しておき、規模に応じた会議が開けるようにいくつかチェックしておくとよいのではないか、と思います。少人数なら利用料金も安くつくでしょうし、大人数でやるにしても、参加する人たちに費用を負担してもらって、いわゆる割り勘ですることもできるのではないでしょうか。賃貸のオフィスビルを借りて会社を運営している場合、会議室のスペースを必要としない物件でよければ、会議のつど借りた方が費用も抑えられて効率的だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です